2017年9月26日火曜日

【報告】特別支援学習会in石狩 第6期(3回目)を行いました。



特別支援学習会第6期3回目を行いました。
今期は、アセスメントを中心に学習しています。
次回は第6期(最終回)9月29日(金)です。
ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください。

以下報告です。
−−−

第6期3回目
■日時:8月18日(金) 19:00~21:00
■場所:厚別区民センター(区民ホール)
■日程 (受付 18:30~:同時進行で個別相談会を設定)
■テーマ
 『不適応行動を未然に防ぐ』~脳科学に基づくアセスメントと対応術~


 

【第1講座】 
プレイバック講座~ポジティブノーリアクション

【第2講座】 
アセスメントする方法~具体的な対応策

【第3講座】
 事例解説
 
【第4講座】 
Q&A

■参加者の方の感想
分析することがとても大切だと思いました。
アセスメントをとるために、どんどんメモを取るようにしたいと
思います。
注意喚起行動と思えるようなことでもASD傾向の子どもにとって
本当にその行動でよいと考えている、ということは、
大きな学びでした。
ワーキングメモリ4種、また覚えます。
「リミットテスト」「消去バースト」この2つが起きるなと
見通しをもって対応したら楽だと思いました。
実際の授業での具体的な指示を教えてもらって
勉強になりました。行動の原因を正確に把握することで、
具体的に対応することができるとわかりました。
日常でよく起こりうる児童の行動の原因や対応方法を学ぶことができ、
とても勉強になりました。
プレイバック助かっています。
ワーキングメモリのお話が興味深かったです。
「どこどこ」の良さが科学的に示され、とても納得しました。