2010年5月15日土曜日

例会案内

5月28日(土)に例会を行います。

例会会場:手稲コミュニティーセンター(予定)
時  間:14:00~17:00
例会内容:レポート検討、学級通信検討、模擬授業、ライセンス授業検討

久しぶりに手稲で開催します。

どうぞご参加ください。

例会&打ち上げ報告

あっという間に時間が過ぎました。
たった2時間の中で
数々の学級通信交流、レポート検討、授業検討が行われました。

例会が行われたのは、5月14日(金)18:00からです。
場所は、北広島東記念会館。いつもの場所です。
最初は、学級通信、レポート検討です。
持ち寄った学級通信やレポートを読み合い、感想や改善点を述べ合います。
学級通信検討では、
「描写する」「画像を載せて、分かりやすくする」「趣意説明を述べる」
というポイントが述べられました。
学級通信は、家庭を巻き込んだ学級経営を行っていく上で
有効なものの一つです。
少しでもよりよい学級通信が提供できるように、例会で検討しています。
写真は、授業検討の1コマ。
「慣性の法則」の定義を使って、ある事象を子どもに説明させる授業です
「教師が説明を述べるときは、一度手を置かせてから
授業のポイントがいくつも示されました。
この他にも「プラス思考」や「ニャティティーソーラン」の授業が検討されました。

このように、体育の授業も検討するのですよ。

そして例会後は焼き鳥キッチン「あじと」にて、
TOSSデーの打ち上げを行いました。

わいわいがやがや。
楽しい時間が過ぎていきました
でも、楽しいだけで終わるのはTOSSではありません。
学びもたくさんありました。
近況報告、TOSSデーの反省、授業検討、質問コーナーなどが
笑いと共に行われました。
そしてこれから一緒に学んでいく新しい仲間が
増えることになりました!! (パチパチ)

料理は、とても美味しいものばかりでした。
特にサラダに入ったタマネギのスライスとレバ刺しは絶品でした。
上の写真はお店の方とパチリ。


2010年5月11日火曜日

例会案内

5月14日(金)例会の詳細が決定しました。

例会会場:北広島東記念会館(会議室)
開始時刻:18時(20時まで行います。)
例会内容:レポート検討、学級通信検討、模擬授業、ライセンス授業検討

見学だけでも構いません。
どうぞご参加ください。

その後、TOSSデーの打ち上げを行います。

会   場:焼き鳥キッチン「あじと」
開始時刻:20時

2010年5月3日月曜日

例会案内

石狩教育サークルによるTOSSデーが終わりました。
(他のサークルは続きます。詳しくは、右にあるリンクをクリックしてください。)
その打ち上げを行います。

また、その前に通常の例会を行います。
内容は、「レポート検討」「学級通信検討」「模擬授業」などです。

5月14日(金) 北広島周辺(場所は未定です。)
例   会:18時~20時
打ち上げ:22時~

TOSSデー4月24日(土)が終了しました

石狩教育サークルによるTOSSデーが、

4月24日(土)をもって終了致しました。

最終日は、

「授業のイロハ優れた教材、楽しい授業、そして習得すべき技能」

「TOSS最先端授業一挙大公開」

の2本立てで行いました。

午前中は授業技術の基礎基本、そして午後はTOSS型授業の最前線の紹介です。

午後のグーグルアースやスケッチアップを使った授業には

会場から「お~」という歓声が上がりました。

~~~午前の部~~~

講座1 ユースウエア編

     「五色百人一首」「漢字スキル」「計算スキル」「うつし丸くん」

講座2 技能習得編

     応用大!フラッシュカードの基礎基本

     百玉そろばんを習得
講座3 授業の基礎基本編

     国語音読を中心とした授業(説明文)

     算数ノート指導を中心とした授業

     社会資料(写真、グラフ)の読み取りの授業

講座4 授業クリニック

     国語音読を中心とした授業クリニック

     算数指示と確認、基本型を意識したク授業クリニック

     英語ダイアローグ、アクティビティ授業クリニック
講座5 Q&A

○参加者の感想
「最近疲れていたけど、元気が出ました!!」「とてもためになる講座でした。」

「すぐに役立つ教育技術、とても参考になります。」

~~~午前の部~~~

講座1 自分の街を好きな子に育てる観光立国の授業

講座2 グーグルスケッチアップを使った授業

講座3 自分の街を考えるまちづくりの授業

講座4 グーグルアースを使った授業

講座5 授業の腕をあげるシステムTOSS授業技量ライセンス
講座6 TOSS授業技量ライセンスE表、D表(D表は模擬ライセンス)
講座7 高杉 Q&A
○参加者の感想
「観光立国、スケッチアップの名前は聞いていましたが、実際にどういうものなのかわかりました。」

「PCの変化についていけないが、がんばるぞ!という気持ちになりました。」